そら君の撮影の前日、りくちゃんはトレーナーの先生のお家にお泊りに行きました

20160213 1行ってきます 

りくちゃんは大喜びで振り返りもしないで、先生に抱っこされて出発しました。
ちょっと寂しいけど、泣かれるより全然いいよね

りくちゃんを見送ったら、すぐにタクシーを呼んで出発です

新幹線で隣の席にいらしたのは、犬を飼いたいご夫婦
しかも、トイプードルを飼いたいと思っていらっしゃるって

当然、岡山から新横浜までの間、わんこの話で大いに盛り上がり、
自分がわんこなら、このご夫婦の家の子になりたいと思うような
素敵なご夫婦でした

そら君を連れて東京で通勤ラッシュの時間帯に
乗り継ぎをするのがとっても不安でしたが、
このご夫婦がご親切に教えてくださったので、
通常3回道を尋ねるところ1回尋ねただけで、
ホテルの近くまでたどり着くことができました

ホテルの近くと言うのには訳があり、ホテルの前までたどり着いたのですが、
「まさかここじゃないよね」と一度スルーして、引き返したからです

一度スルーした理由は入口に「ご休憩」と書いてあったからです



ここ

ご休憩ってそら君との初お泊りがラブホテル

あんまりだと思ったのですが、土地勘のない東京で、
ペットの泊まれる宿の空きがここしかない以上、
勇気を振り絞ってチェックインです

ショックのあまりホテルで写真を撮れなかったので、写真は全て自宅で撮影したものです

20160213 1疲れたね

コンセプトは休憩もできるビジネスホテルでしょうか

お部屋には大きなダブルベッドと、大きなテレビと、サークルで足の踏み場もなく、
壁には赤い薔薇の大きなポスターが

 20160213 2ちょっと悲しそう 

20160213 3僕いい子にするよ

そら君は足を上げておしっこをするので、設置してあったサークルだと、
全てのおしっこが柵の間からサークル外に着地してしまいました

20160213 4みんなのホテルと違うね  

悲しいお顔になったのはそら君のせいじゃないんだよ

あのね、お友達のブログを見ると、みんな素敵なお宿に泊まってるのに
そら君との初お泊りがこんなホテルで悲しいなって思ったの

 20160213 5お外よりいいよね 

そうだね

野宿するよりマシだよね

そこからは気分を切り替え、そら君に犬生初のオムツを装着し
お部屋を探検

お部屋は一言でいうと昭和のラブホテル
しかも昭和の時代からずっと使い続けられているラブホテルってカンジです

ひび割れた洗面台と、ウォシュレット無しのトイレと、
浴室には日々の清掃では取りきれない白い水垢と黒カビの長年の蓄積が

こんなのなかなかテレビでも見たことがないレベル

そら君のおかげで一生忘れられないお泊り経験ができました

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

20150815banner.jpg



コメント欄は閉じていますが、画面左下の拍手ボタンからコメント入力ができます

スポンサーサイト

普通が一番幸せ♪

そら君の出張!

trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。